ららら らいふ

毎日の生活を、ららら、と過ごせますように。

神社へ百日詣でをして、変わったこと、思ったこと。

今年の夏に、とても悲しいことがありました。

その出来事をきっかけに、近所の神社に毎日お参りするようになりました。

実は、いつから始めたのかを正確に覚えていないのですが、8月の中旬には始めていたので、現時点で100日は確実に経過したと思います。

 

ちなみに、「お百度参り」ではなく「百日詣で」です。

百度参りは、1日で、日の出から日の入りの間に100回お参りすること。

百日詣で(百日参り)は、100日かけて毎日お参りすることです。

 

百日詣ででやったこと。

  • 毎日、近所の同じ神社に参る
  • お願いする前に、感謝の気持ちを心から思う。
  • 時間は決めてませんでしたが、18時~19時ごろが多いです。
    最近は、お昼に行ったり朝に行ったり…行ける時に行っています。
  • お賽銭は、給料日の時は1万円を入れたこともありましたが、5円玉や10円が多いです。
  • 途中から、お賽銭箱の上に祝詞が置いてあることに気づいたので、お賽銭を入れた後に祝詞を3回唱え、二礼二拍手してお祈りしました。
    祝詞は以下の言葉です。
    祓え給い
    清め給え
    神(かむ)ながら
    守り給い
    幸(さきわ)え給え
  • これも途中からなのですが、電車の中に貼ってあった本「成功している人は、なぜ神社に行くのか?(サンマーク出版)」の広告で、

    お願いをする前に住所を神様にお伝えしよう

    という内容の記載を目にしたので、それからは、住所と名前を言ってからお願いをしていました。
    ちなみに、この本は読んでおりません。読んだら、形に囚われてしまいそうで...。

もしかしたら、百日詣での正しいやり方があるのかもしれませんが、
突発的に始めたというか、神様にお願いをしないと落ち着かないような心理状況だったため、完全なる自己流です。

それから、神社がお祭りで人であふれていたときと、ちょっと怪しそうな人に話しかけられて恐怖を感じたときは、お参りせずに帰りました。合計3日、そんな日がありました。 

100日が経過して、変わったこと・思ったこと。

※いいことオンリーで書きます。

※でも、実際に、悪いことはあまり起こっていない気がします。

  • 心が支配されていた「悲しみ」が薄れてきた。
  • 毎日泣いていたのが、100日を経過したころから泣く回数が減った。
  • 条件すべてが一致する派遣先が見つかった。
    8月からずっと探していたのですがなかなか見つからず、半ば諦めていたのですが、11月の終わりになって、やっと決定しました。
    今までお断りされてきた企業さんと比べても、家から近く、時給も良く、仕事内容も良く、勤務時間も希望に合っていたので、最良の会社に採用していただけました。
  • 仕事の引き合いが多くなった。
    受託業務もやっているのですが、少しずつお仕事が増えているような気がします。
  • ブログを始めた。
    このブログです。
  • 髪の毛を切った。
  • 笑うようになった。
  • 好きなお笑い芸人ができた。
  • 怒りの感情が少なくなった。

「髪の毛を切った」「好きなお笑い芸人が出来た」なんかは、もしかしたら、なにそれ?って思われるかもしれないですが、髪の毛を切る気力もなかったので、「髪の毛を切ろう」と思い実行したことも、私にとっては前向きに進んだ一つなのです。

分かりやすく願いが叶った項目は、派遣先が見つかったことだと思います。

ですが、派遣先が見つかったのも、悲しみが薄れ、人前で笑顔に元気にできるようになったからであり、それは、好きな芸人さんが出来ていつもテレビを見て笑うようになったからでもあり、つまりはここに掲げたすべてが繋がって生まれてきた結果だと思っています。

 

これから変わりたい・継続したい・思いたいと思っていること。

  • 理想の人に巡り合い、結婚すること。
  • 好きになったお笑い芸人を生で拝見、お話しすること。
  • 毎日、上機嫌でいること。
  • 友達、周りの人たちと、このまま良好で楽しい関係を保ち続けること。
  • 今よりも広く住みやすい家に住むこと。
  • このまま健康に80歳以上生きること。

 これから先起こるであろう、色々な出来事に絡まって、これらが一つ一つ、丁寧に叶っていくのだろうと思っています。

100日詣でをやってみて、思ったことと今後のこと。

この100日間で、色々と変わりました。

ただ、その”変わったこと”は「神社にお参りした」ことが100%の理由なのかはわかりません。
特に、心情的なことは、時が過ぎたから、というところもあると思います。

でも、私は毎日神社にお参りして良かったと思っています。

100日は、約3カ月。毎日忙しく生活している人だったら、あっという間に過ぎる時間です。
その「あっという間」の3カ月間、毎日お参りし、感謝の気持ちとお願いを唱えることで、自分が今、何に感謝しているのか、何を大切に思っているのか、ということを丁寧に考えることができました。

この先、あと9ヶ月、神社へのお参りを始めて1年が経つまでは、毎日のお参りを欠かさないようにしようと思っています。

そして、1年が過ぎたら、3年、5年と、なるべく長く、お参りの習慣を続けようと思います。 

 

 

新宿が好き。

お題「好きな街」

 

好きな街は、って聞かれて真っ先に思い浮かぶのは、

新宿です。

 

能面のような顔をしたサラリーマンと、

社会の歯車になんかなりたくない若者と、

もうそういう域からはみ出してしまった浮浪者と。

 

いいことも悪いことも、何でもかんでも受け入れてくれる街だと思っています。

 

新しい建物もあれば、戦後から変わっていない区域もある。

区画整理が進んでいるところがあれば、入り組んだ小道も。

 

繁華街はお酒と生ごみの臭い。

でも、少し歩くと意外と緑も多い。

 

最高にカオスです。

 

 

人生の不公平って、どこから来るんだろう。

客観的に見て、人生は不公平だと思う。

 

知り合いの奥さんが40代で病気で亡くなった。

子どもはいなかったけど、とても仲のいいご夫婦で、旦那さんから、奥さんの悪口なんか一回も聞いたことがない。

いつも穏やかで幸せだったのに、約2年の闘病の末、亡くなった。

奥さんが元気で、二人が一緒に歳を重ねていったら、みんなが目標にするような、素敵な老夫婦になれただろうに。

 

一方で、毎日いがみ合っている夫婦だっている。

どちらかがもういなければ、誰も悪人にならなかったのに。不幸なニュースが世間に晒されることにもならなかったのに。

殺人を犯してしまった旦那さんも、奥さんに殺人感情なんか持たなかったのに。

 

どうして、ずっと一緒にいたいと思いあっている人たちが早くに死に別れ、

早くいなくなればいいのにと思いあっている人たちが、長い間いがみあわなければならないのだろう。

 

反対だったら、うまく収まるのに。

 

この不公平って、どこからやって来るんだろう。

前世?カルマ?日頃の行い?? 

 

インスタグラムを見ていると、

とても可愛がられて飼い主に甘えている犬と、保健所でおびえてボロボロになった犬が同じタイムラインに流れてくる。

同じ犬種、同じような顔立ちをした犬が、同じ時間軸で、一方は何の不安もなく幸せいっぱいで、もう一方は、今にも殺されるかもしれないという恐怖感でいっぱいで過ごしている。

 

この違いって、なに?

犬にも、前世とかカルマとか日頃の行いがあるんだろうか。 

 

心が痛い。

ワインのお供に、簡単なおつまみを作りました。

家でくつろぎながらお酒を飲んでいる時間が大好きです。

お酒は強い方ではないのだけど、それでもたまに飲みたくなってしまいます。

今日はワインが飲みたいな・・・

ということで、ワインに合う、簡単なおつまみレシピを探して、2品作ってみました。

作ってみた感想、食べた感想も一緒に載せておきますので、参考にしてみてください。

 

アンチョビ・キャベツ

f:id:lalala-life:20161014174553p:plain

題名そのまま、アンチョビキャベツです。

材料は、調味料を除いたら、キャベツとニンニクだけ。お気軽。

 

参考にさせていただいたレシピは、こちら。

cookpad.com

 

私は、アンチョビペーストではなくて、パスタ用のアンチョビソースを使いました。(近所のスーパーにはアンチョビペーストがなかったんです・・・。)

使ったアンチョビソースは、こちらの、ロレア アンチョビ ソース

ご近所のスーパーで買えると思います。ちなみに、パスタコーナーで見つけました。

作ってみた感想

超簡単だったんですけど、熱されたオリーブオイルにアンチョビソースと白ワインビネガーを入れたら、油がものすごく跳ねてしまい、キッチンが油だらけになってしまいました・・・。

アンチョビソースと白ワインビネガーを入れる時は、いったん火を止めて、油が落ち着いてからにしたほうが良さそうです。

食べてみた感想

私が使ったアンチョビソースに、あらかじめ塩が入っていたこともあったのか、ちょっとしょっぱめでした・・・><

でも、味が濃いおつまみは、お酒が進みますね。

 

次の日のアレンジ

食べ残ったアンチョビキャベツは、次の日にスパゲッティの具にしてみました。

f:id:lalala-life:20161014174606p:plain

超簡単なのに、おつまみにもランチにもなる、万能おかずでした!

 

コンビーフのパテ

f:id:lalala-life:20161024223802p:plain

実は、この料理を作るまで、コンビーフを買ったことがありませんでした。

一度、カギみたいな形の棒で、ねじねじと開けてみたかったんですよね。

やっと夢が叶いました。笑。

 

参考にさせていただいたレシピは、こちら。

cookpad.com

 

作ってみた感想

ちなみに、「コンビーフ」ってなっていますが、実際に使ったのは「ニューコンミート」です。100円くらい、こっちの方が安いのです・・。

f:id:lalala-life:20161024223737p:plain

ジャガイモは、ラップにくるんででレンチンすると、皮が固くなって剥きにくかったです。そして、皮の近くの固くなったところがうまく潰れず残ってしまいます。

ちょっと面倒でも、ジャガイモはお湯でゆでたほうが確実だと思いました。

しかし、こんなに簡単にパテが作れるとは!

混ぜ具合によって、ジャガイモの食感が変わると思うので、お好みで調節してみてください。

食べてみた感想

玉ねぎのざくざくした食感と、ジャガイモの柔らかさがコンビーフに相まって、とても美味しかったです。

そのまま食べてもいいし、かりっと焼いたフランスパンに載せれば、お腹も満足。

簡単だし、おつまみの定番になりそうです(^^)

全部食べ切ってしまったのですが、もし残ったら、トーストに薄く載せてチーズをまぶして焼いたりすると美味しいと思います。グラタンの具にするのもいいかも。

もう一回作ろうかな。

 

今回は2品だけで、あとはチーズとかスナック菓子とかで済ませちゃいました^^;

次回のおつまみは品数を増やしたいです!

あと、もう少し手の込んだ料理にしようと思います^^;;

 

 

 

コサキンでシュールな笑いを学んだ

お題「好きなラジオ番組」

 

ラジオをむさぼり聞いていた、14歳の夏。

その存在は知っていたのだけど、聞いても「よく分からない」という理由で敬遠していたラジオ番組。

コサキン

小堺一幾さん(ムッ君)と関根勤さん(ラビー)の二人が27年間にもわたり続けてきたラジオ番組です。

 

よく分からなかったので、初めはあんまり聞いていなかったのですが、

夏休みの特別企画で、コサキンショートコントをずっと流していた日がありまして。

土曜日の夜中になんとなく聞いていたら(コサキン増刊号の時代でした)突然はまってしまいました。

きっかけになったネタとかはぜんぜん覚えていないんですけど。汗。

おそらく、「関根村つと美(西村知美さんの物まねというか、パロディというか)」とか「ユニーク関根」とか、そういうネタに嵌ったんだと思います。

 

ラビーこと関根勤さんが歌う意味ね~替え歌は、ほんとうにひどいものばかりなのですが(誉め言葉ですよ!)

特に好きなのは、昴の替え歌で「トーテムポールの上から2番目の顔」


トーテムポールの上から二番目の顔

 

始めて聞いたとき、私は会社からの帰り道に歩きながら聞いていたのですが、面白すぎて膝から崩れそうになりました・・・・深夜に。一人で。不審者ですねw 

 

本当に、地の底からくだらなかったお二人のラジオ(もちろん誉め言葉です。)

今でも当時録音したものをたまに聞くと、とても面白くてストレス解消になります。 

よく口ずさむ曲は、意外とこんな曲。

お題「よく口ずさんでいる曲」

 

何も考えずに口ずさんでいる曲って、必ずしも好きな曲じゃないって思うんです。

 

私が無意識に口ずさんでしまう曲は

「♪丘を越え行こうよ~」で始まる、童謡「ピクニック」


ピクニック (童謡)

 

ていうか、今までタイトル知りませんでした。汗。

あと、よく歌う割には、

「空は澄み青空~、牧場を指して~」

以降の歌詞があやふや・・・。

 

なんとなーく、ランラ ランラ言って、

なんとなーくごまかして、

「きょうはゆかいだ~」だけ元気に歌う、みたいな。

 

でも、どうしてこの曲なんだろう。

自分でもよくわからないのですが、この曲を口ずさんでいるときは、気楽な時というか、平和な時というか、ちょっと上機嫌な時が多いような気がします。

なんとなく、目の裏に緑の草原が浮かんでくるような感じです。

 

 

好きだったテレビ番組

お題「好きだったテレビ番組」

昭和50年代生まれです。

小学校高学年のときに、昭和から平成に変わりました。

バブルはテレビの中で知っている世代。バブルが憧れの世代。

それくらいの世代の私が、小学生と中学生のときに好きで印象にのこっているテレビ番組をいくつか思い出してみました。

同世代の人に、共感してもらえるといいな。

続きを読む